足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る


腰部脊柱管狭窄症になったら

下肢の痛み、しびれ、脱力のために歩けなくなるが、
少し休むとまた歩けるようになるという「間欠跛行」が
最大の特徴の腰部脊柱管狭窄症は、
中高年に多い病気といわれています。
しかし腰部脊柱管狭窄症になってしまっても、
年齢のせいだからと諦めてしまう事はありません。
意識の持ちようやちょっとした努力で、
症状の進行を遅らせることができます。

日常生活を少し工夫することで
かなり症状を軽減できます。
症状が軽い場合は、日頃からの姿勢に注意したり、
肥満の予防と改善に心がけたり、年齢や生活環境にあった
適度な運動を取り入れるようにします。
神経を圧迫するような動作や姿勢を避けることです。
背中を反らせる姿勢は、脊柱管をより狭くして
神経を圧迫するので、脊柱管を少し広くするためには、
歩く際に前かがみの姿勢を心がけます。
歩く時に杖を使ったり自転車に乗ったりなどで、
前かがみの姿勢を保つ事ができます。
寝る時は仰向けだと腰がそってしまいますので、
バスタオルなど膝の下に入れて寝るようするといいでしょう。
こうする事によって、膝が曲がって腰がそりにくくなります。
腰に負担がかかる、重い荷物を持ち上げたり
腰をひねったりという動作もしないように心がけます。
長い時間同じ姿勢をとることも要注意です。
しかし、腰に負担がかかるからといって安静にしていれば
いいというものではありません。
身体を適度に動かして筋力をつける事も必要です。
この場合は、医師に相談して行いましょう。

腰部脊柱管狭窄症を病院で治療する他に、
鍼灸やカイロプラクティックなどの治療院でも
効果があると言われています。
治療にどこを選ぶとしても、評判や口コミを参考にして
自分の納得できる所を選びましょう。
腰部脊柱管狭窄症について、自分にわかりやすく
説明してくれるかどうかも判断の基準になります。
また、自分のかかっている病院や治療院に疑問を感じたら、
一つの病院や治療院にこだわらずに他の所を
受診してみてもいいと思います。
安心して自分の大切な身体をあずけられる病院や
治療院を選びましょう。

関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 痛みをとるためには消炎鎮痛薬や血流改善薬などが 使用されます。薬で痛みが改善しない場合は、 神経ブロックが有効です。神経ブロックを数回行う・・・

足根管症候群

足のしびれが症状となって起こる病気に ”足根管症候群”があります。 足根管とは、足の内側のくるぶしの下を通っている 神経、筋、血管の通り道の事をいいます。 足根管症候群は、この足根管内でふくら・・・

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰部の脊柱管が 狭くなって脊柱管の中の神経を圧迫してしまう病気です。 腰痛や足のしびれなどの症状があります。 病院での診断では、X線検査やCT検査、MRI・・・

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、足のしびれが症状となって 起こる病気です。脊柱とは、椎骨が連結して柱状に なったもので背骨の事です。 脊柱の中心には椎骨が連結してできた管があり、 これを脊柱管といいます。・・・

閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれが原因の病気に閉塞性動脈硬化症があります。 閉塞性動脈硬化症によって足のしびれがあるのかどうかを 調べるために、触診が行われます。 触診は、足の付け根、膝の後ろ、くるぶしの内側、 足・・・

足のしびれや冷感を感じる? 閉塞性動脈硬化症

「一定の距離を歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、 少し休むと治って歩けるようになる」というような症状は、 血管の詰まりが原因でおきることがあります 足がしびれても休めば良くなるからと 放っ・・・

足のしびれからくる病気

しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの 知覚神経の障害で起こります。 足のしびれは、時には大きな病気に つながることもあります。 足がしびれることがあっても日々の生活に影響がないと、 なかなか・・・