足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る
「 足のしびれの原因と症状・病気」トップ >  足のしびれが症状となって現れる病気 > 足のしびれや冷感を感じる? 閉塞性動脈硬化症


足のしびれや冷感を感じる? 閉塞性動脈硬化症

「一定の距離を歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、
少し休むと治って歩けるようになる」というような症状は、
血管の詰まりが原因でおきることがあります
足がしびれても休めば良くなるからと
放っておいてはいけません。

人間は30歳を過ぎたあたりから、動脈が弾力性を
失い始め硬くなっていきます。
硬くなった動脈にコレステロールなどがたまると、
血管の内側が狭くなります。
そうなると血液の流れが悪化します。
「動脈硬化」とはこの状態の事をいいます。
動脈硬化の起きやすい場所は、脳や心臓、
腎臓などの動脈ですが、首や足の動脈にもみられます。
足の動脈に動脈硬化が起こって血管が詰まると、
足のしびれや痛み、だるさ、冷えなどの症状が現れます。
これが悪化すると「閉塞性動脈硬化症」と
いう病気になります。
閉塞性動脈硬化症は進行性の病気で、
症状の状態によって4つに分類されています。

1期は、足のしびれや冷感を感じる状態です。
2期は、一定の距離を歩くと足のしびれや痛みで
歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる状態です。
3期は、安静にしていても足の痛みを感じる状態です。
4期は、血流の悪い場所の皮膚がジクジクする潰瘍や、
足の先の組織が腐ってしまう壊疽、死んでしまう
壊死の状態です。

実際には1期の足のしびれや冷感で病院の診察を受ける人は
少ないので、ほとんどの人が2期の状態から
治療を始めています。
3期〜4期まで症状が悪化してしまうと、
足の切断をしなければならない場合があります。
遅くても、2期のうちには適切な治療を始める事が
重要となってきます。
また、閉塞性動脈硬化症の患者は脳梗塞や
心筋梗塞を起こす可能性が高いと言われています。

関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症になったら

下肢の痛み、しびれ、脱力のために歩けなくなるが、 少し休むとまた歩けるようになるという「間欠跛行」が 最大の特徴の腰部脊柱管狭窄症は、 中高年に多い病気といわれています。 しかし腰部脊柱管狭窄・・・

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 痛みをとるためには消炎鎮痛薬や血流改善薬などが 使用されます。薬で痛みが改善しない場合は、 神経ブロックが有効です。神経ブロックを数回行う・・・

足根管症候群

足のしびれが症状となって起こる病気に ”足根管症候群”があります。 足根管とは、足の内側のくるぶしの下を通っている 神経、筋、血管の通り道の事をいいます。 足根管症候群は、この足根管内でふくら・・・

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰部の脊柱管が 狭くなって脊柱管の中の神経を圧迫してしまう病気です。 腰痛や足のしびれなどの症状があります。 病院での診断では、X線検査やCT検査、MRI・・・

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、足のしびれが症状となって 起こる病気です。脊柱とは、椎骨が連結して柱状に なったもので背骨の事です。 脊柱の中心には椎骨が連結してできた管があり、 これを脊柱管といいます。・・・

閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれが原因の病気に閉塞性動脈硬化症があります。 閉塞性動脈硬化症によって足のしびれがあるのかどうかを 調べるために、触診が行われます。 触診は、足の付け根、膝の後ろ、くるぶしの内側、 足・・・

足のしびれからくる病気

しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの 知覚神経の障害で起こります。 足のしびれは、時には大きな病気に つながることもあります。 足がしびれることがあっても日々の生活に影響がないと、 なかなか・・・