足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る


坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛に悩んでいる人は、比較的症状の軽い人から
日常生活に支障が出ている重い症状の人まで
程度は様々ですが、生活に支障がでるほど症状が
重くなるケースもあるため、坐骨神経痛を経験した人は
再発は絶対にイヤだ!と思うことでしょう。

坐骨神経痛の症状には、腰痛や足のしびれや
痛みなどがあります。
坐骨神経痛の治療の一つに運動療法があります。
もちろん、急性の坐骨神経痛の場合には
運動療法は行わず、絶対安静が第一です。
運動療法は、慢性期の坐骨神経痛に
効果があると言われています。

運動療法の基本は、萎縮してしまった筋肉を強くする事と
柔軟性を向上する事です。
自動車での外出やラジオ体操の上半身前屈運動、
水中歩行や水泳なども運動療法として有効です。
自宅でできる運動療法は腹筋や背筋です。
健康な状態でできる回数の7割程度を
目安に行うようにします。
例えば20回できていたなら14回が目安となります。
実際にストレッチとしては、仰向けになり、
片足の膝を抱えたり、まっすぐ伸ばしたりする方法
をシンプルに続けていくことが大切だと思います。

また、ウォーキングや水泳なども腰の筋肉を
強くする運動です。
腰痛体操やストレッチは、腰の柔軟性を良くします。
ゆっくりと勢いをつけずに行う事が大切です。
運動療法を始める時は、準備運動もきちんと行いましょう。
これらの運動は、無理をせずにできる範囲で行ってください。
足のしびれや痛みなどの症状をこらえて行うと
かえって逆効果になってしまいます。

運動療法を行う場合は、必ずかかりつけの医師と
相談して適切に行いましょう。
運動によっては痛みが増したり症状が悪化してしまったり
する場合がありますので、この場合はただちに
運動をやめて安静にします。
自分に合った方法で負担にならない程度に
ゆっくりと行っていくといいでしょう。
また、坐骨神経痛にはその原因となる病気があります。
まずはそちらの治療を優先して行わなければ
坐骨神経痛は改善する事はありません。

関連コンテンツ

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛になるのは中高年の人ばかりではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になりやすいと 言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の 症状が出る事があります。 若い人の場合・・・

坐骨神経痛とコルセット

坐骨神経痛症状は、シビレ・痛み・冷感など様々ですし 坐骨神経症状の強さも個人差が激しく日常生活に 支障をきたす症状の激しい坐骨神経痛から慢性化して、 何年も続く坐骨神経痛症状までさまざまです。 ・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと 慢性期のものがあります。 坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態も たいぶ楽になってきて慢性期に入ります。 足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なく なっ・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。 急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。 ◆おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、・・・

坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は 病気の名前ではありません。 坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、 腰・臀部〜下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。 坐骨神経痛が発症した場・・・

坐骨神経痛の治療

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛の治療には 時期によって治療方法は異なります。 また坐骨神経痛の原因によっても違いますし、 方法はさまざまです。 一番の基本は絶対安静です。 坐骨神経痛の・・・

坐骨神経痛  太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から 足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、 それは坐骨神経痛かもしれません。 坐骨神経痛とは、病名ではなく症状の事を言います。 ・・・