足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る


坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は
病気の名前ではありません。
坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、
腰・臀部〜下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。
坐骨神経痛が発症した場合は、何か腰が関係する病気を
持っているという事になります。
そしてその病気を治さなければ坐骨神経痛も
改善されません。

坐骨神経痛が出たら、まずどの状態にすると腰の痛みや
足のしびれがくるのか確かめる必要があります。
症状が、腰を曲げた時に起きるのか、腰をそった時に
起きるのか、足が地面につく時に起きるのか、
その状態によって発症している病気が違います。
自分の症状が把握できていると、病院で診察を受けた時に
きちんと説明ができ、比較的早く病気の特定ができるでしょう。
しかし症状がひどい時には、無理せず
安静にする事が第一です。

坐骨神経痛を引き起こしている病気の原因には、
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、
腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。
病院では、まずX線検査が行われます。
さらに細かな情報が必要な場合に応じて、骨以外の
状態がわかるCT検査やMRI検査を行います。
造影剤を使う場合もあります。
検査によって病気が特定できたら治療法を決めます。
西洋医学、東洋医学、民間療法などさまざまな治療法があり、
「整形外科」「鍼灸」「接骨」「カイロプラクティック」
「 整体院」「指圧」などです。
そのどれが良いのかは非常に判断が難しいところです。
何故ならその「治療方法」に 相性があったり、
「医師」あるいは「カイロプラクター」に相性があったり、
「治療方針」との相性があったり。
完全に個人別、千差万別の要素となりますので
ご自身の目で直接確かめられてから自分の大切な腰を預ける
治療院を決めるのが一番良い方法です。
ただし、カイロプラクティックや整体院などは、
民間療法にあたり、日本ではまだ医療行為として
認められていません。
健康保険の対象外となり、全額実費となりますので
注意してください。
坐骨神経痛の治療は、何度も通院する必要があります。
治療に民間療法を選ぶ場合は、
必要経費の準備もしておきましょう。

関連コンテンツ

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛になるのは中高年の人ばかりではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になりやすいと 言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の 症状が出る事があります。 若い人の場合・・・

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛に悩んでいる人は、比較的症状の軽い人から 日常生活に支障が出ている重い症状の人まで 程度は様々ですが、生活に支障がでるほど症状が 重くなるケースもあるため、坐骨神経痛を経験した人は ・・・

坐骨神経痛とコルセット

坐骨神経痛症状は、シビレ・痛み・冷感など様々ですし 坐骨神経症状の強さも個人差が激しく日常生活に 支障をきたす症状の激しい坐骨神経痛から慢性化して、 何年も続く坐骨神経痛症状までさまざまです。 ・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと 慢性期のものがあります。 坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態も たいぶ楽になってきて慢性期に入ります。 足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なく なっ・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。 急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。 ◆おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、・・・

坐骨神経痛の治療

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛の治療には 時期によって治療方法は異なります。 また坐骨神経痛の原因によっても違いますし、 方法はさまざまです。 一番の基本は絶対安静です。 坐骨神経痛の・・・

坐骨神経痛  太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から 足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、 それは坐骨神経痛かもしれません。 坐骨神経痛とは、病名ではなく症状の事を言います。 ・・・