足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る


坐骨神経痛の治療

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛の治療には
時期によって治療方法は異なります。
また坐骨神経痛の原因によっても違いますし、
方法はさまざまです。
一番の基本は絶対安静です。
坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになって
いますので無理は禁物です。
同じ姿勢(座った姿勢や中腰の姿勢など)でいることを
気をつけたり、筋力強化運動やエクササイズをすることも、
重要な坐骨神経痛の治療の一つです。
腰に装着するコルセットを日常生活で
使用する場合もあります。
コルセットで姿勢を正して腰を保護し、
身体に負担がかからないようにします。

整形外科での治療では薬物療法も行われます。
安静にしていても症状がひどくて耐えられない場合に、
薬で痛みを抑えます。
非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬か座薬が
処方される事が多いです。
腰部脊柱管狭窄症の場合は、血液の流れの悪化が足のしびれを
生じる原因なので、血流を良くする薬が処方されます。
しかし薬での治療を続けていくと、胃腸障害や心臓疾患などの
副作用の心配が出てきます。

慢性期の坐骨神経痛には、ホットパックなどの温熱療法や、
超音波・低周波・高周波・干渉波などの電療も用いられます。
血行促進が目的です

牽引治療といって、骨盤にベルトをして引っ張り腰の周りの
筋肉の緊張をほぐして血流を改善する方法もあります。
理学療法の中には自分で自宅でもできそうなものも
ありますが、勝手な自己判断で行ってしまうと症状が
悪化してしまう恐れがあります。
病院で正しく治療してもらうのが一番です。

神経ブロックは、足のしびれや痛みの原因となっている
神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断します。
痛みがブロックされることにより、
血流を改善して炎症を鎮めます。
神経ブロックは、一度の注射で何ヶ月か痛みがなくなる
患者もいれば、そのまま完治してしまう患者もいます。
逆に1時間ほどしか痛みがなくならないという患者も
いますし、神経ブロックの効果は人それぞれです。

ヘルニアや腫瘍が原因の坐骨神経痛は、
手術が行われることもあります。

関連コンテンツ

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛になるのは中高年の人ばかりではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になりやすいと 言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の 症状が出る事があります。 若い人の場合・・・

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛に悩んでいる人は、比較的症状の軽い人から 日常生活に支障が出ている重い症状の人まで 程度は様々ですが、生活に支障がでるほど症状が 重くなるケースもあるため、坐骨神経痛を経験した人は ・・・

坐骨神経痛とコルセット

坐骨神経痛症状は、シビレ・痛み・冷感など様々ですし 坐骨神経症状の強さも個人差が激しく日常生活に 支障をきたす症状の激しい坐骨神経痛から慢性化して、 何年も続く坐骨神経痛症状までさまざまです。 ・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと 慢性期のものがあります。 坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態も たいぶ楽になってきて慢性期に入ります。 足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なく なっ・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。 急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。 ◆おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、・・・

坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は 病気の名前ではありません。 坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、 腰・臀部〜下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。 坐骨神経痛が発症した場・・・

坐骨神経痛  太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から 足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、 それは坐骨神経痛かもしれません。 坐骨神経痛とは、病名ではなく症状の事を言います。 ・・・