足のしびれの原因と症状・病気のTOPに戻る
「 足のしびれの原因と症状・病気」トップ >  足のしびれと坐骨神経痛 > 坐骨神経痛  太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ


坐骨神経痛  太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から
足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、
それは坐骨神経痛かもしれません。
坐骨神経痛とは、病名ではなく症状の事を言います。

「坐骨神経痛」の名前が示すとおり坐骨神経が
圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して
坐骨神経痛と言います
坐骨神経痛は、それだけで発症せずに原因となる
病気に併発します。
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎間狭窄症などの
腰の病気から坐骨神経痛は起こります。

坐骨神経とは、
腰から骨盤、お尻、太ももの後ろ側を通って足先にまで
伸びているのが坐骨神経と呼ばれる神経で、人体の中で
最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。
また非常に長い神経で、抹消までの長さは
1m以上もあります。
臀部から太もものうしろ側を通って膝の近くで、
すねの方とふくらはぎの方と二股に別れて走行し、
足の甲と足の裏に続いています

坐骨神経痛は、このおしりから足先に走っている
坐骨神経に沿って起こる痛みです。
圧迫している神経の状態によって、症状はおしりから
足先へと向かっていきます。
症状には、おしりや太ももの裏側のしびれ、
膝の裏側のしびれ、足先のしびれ、しびれからくる歩行困難、
起立困難、注意力や集中力の散漫などがあります。

おしりや太ももの裏側までのしびれぐらいなら日常生活に
大きな影響はありませんが、膝の裏側から足先へと
しびれの範囲が大きくなってくると歩行困難など
生活に支障が出てきます。
遅くても太ももの裏側にしびれが現れた頃には、
病院でも診察を受けるようにしたいものです。

坐骨神経には、知覚神経、運動神経、
自律神経が走っています。
坐骨神経痛によってそれらの神経は圧迫されます。
知覚神経の圧迫で、足のしびれや痛みはおこります。
運動神経の圧迫によって、歩行困難などの
運動機能障害は起こります。
脳が運動を命令しても足の筋肉にそれが伝わらず
運動しないという脳と足とのすれ違いが発生すると、
運動機能の障害が起こり、筋肉が衰えていってしまいます。

関連コンテンツ

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛になるのは中高年の人ばかりではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になりやすいと 言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の 症状が出る事があります。 若い人の場合・・・

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛に悩んでいる人は、比較的症状の軽い人から 日常生活に支障が出ている重い症状の人まで 程度は様々ですが、生活に支障がでるほど症状が 重くなるケースもあるため、坐骨神経痛を経験した人は ・・・

坐骨神経痛とコルセット

坐骨神経痛症状は、シビレ・痛み・冷感など様々ですし 坐骨神経症状の強さも個人差が激しく日常生活に 支障をきたす症状の激しい坐骨神経痛から慢性化して、 何年も続く坐骨神経痛症状までさまざまです。 ・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと 慢性期のものがあります。 坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態も たいぶ楽になってきて慢性期に入ります。 足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なく なっ・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。 急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。 ◆おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、・・・

坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は 病気の名前ではありません。 坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、 腰・臀部〜下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。 坐骨神経痛が発症した場・・・

坐骨神経痛の治療

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛の治療には 時期によって治療方法は異なります。 また坐骨神経痛の原因によっても違いますし、 方法はさまざまです。 一番の基本は絶対安静です。 坐骨神経痛の・・・