ペット保険  あなたの大切なペットのためにのTOPに戻る


小動物ペットの保険

ペットの中でも代表的な動物は犬と猫です。
最近は室内で飼えるという意味では猫を飼っている家庭が多く、
猫派の家庭は働いている独身の方が多いそうです。
朝早くから夜遅くまで仕事をしている飼い主さんでしたら
犬を飼うことは難しいというのが理由だそうです。
また、小動物を飼う家庭も増えていますので、ペット嫌いか
アレルギーでない限りはなにかしらのペットを飼っている家庭が
増え続けています。
癒しブームの影響でしょうか。

犬や猫については保険会社で取り扱っているところはあります。
数は少ないですが手厚い保障で安心できる内容のものが多いです。

では小動物に対しては保険の適用はあるのかと疑問に思うところですが
、現在は犬や猫ほどではありませんが小動物に対する保険も
取り扱っている会社はあります。
取り扱いがある会社が限られているために小動物を飼っている家庭では
おのずと絞られた保険会社に加入する形にはなるのでしょうが
小動物だからといって保障が薄いことはないです。

例えば通院や入院保険の給付の際には犬や猫と同じ価格を
保障されるということではありませんが、金額としては大差はないです。

保険会社で対象としている動物はうさぎ、鳥、フェレット、
ハムスター、リスなど・・小動物といっても種類が多いのですが、
一般的に家で飼っている小動物は大抵保障対象の動物に
当てはまっていますので、もし、変わった動物を飼っているご家庭で
保険に加入させたいという方がいましたら一度直接保険会社に
相談されるのが一番早いですし安心ですね。

関連コンテンツ

鳥類の保険  〜カナリヤ・インコなど〜

犬や猫に負けないくらいペットとして人気があるのが鳥類です。 鳥は小さくて可愛いですよね。中には言葉が話せるなどおもしろいペットを飼っているご家庭もありテレビなどで話題性がある動物の一種です。 ・・・

小動物保険のプラン 〜小鳥やウサギなど〜

小鳥やウサギやハムスターなどの小動物を飼っているご家庭では、犬や猫ほどべったりと面倒を見なくてもすむのでちょっと楽ですよね。 でも体調が悪いですとか、怪我をしているのにかごの中に入っていたりする・・・