ペット保険  あなたの大切なペットのためにのTOPに戻る


特定疾患に対するペット保険

ペットの保険に加入する際に条件として「特定疾患にかかっていないこと」というのを定めている保険会社があります。
かつて特定疾患にかかっていたことがあっても、現在完治している証拠がないと加入できない、もしくは完治していても過去に発生している履歴があると加入が難しいということです。
飼い主さんの気持ちとしてはペットが病気だから保険に加入させたいという気持ちのほうが強いと思うのですが、なかなか難しいというのが保険の現状ですね。

特定疾患の中の病気とはどんなものがあるのでしょう。犬や猫に感染する「フィラリア病」というのがあります。
フィラリア病は猫には感染する可能性は犬より低いと考えられていますが、まったく感染しないということではありません。

なぜ感染するのかといいますと、蚊が寄生虫を運んでくるからです。
この寄生虫はペットの心臓に寄生するといわれています。
寄生虫は全長15センチから20センチくらいあるそうです。
結構長い寄生虫ですね。
この病気にかかってしまうとほかの理由、例えば怪我に備えてですとか手術に備えてという理由で保険に加入させたくても、加入できない可能性があるということですので、そうなると結果的にどの病気になっても自己負担で治療をしなければならないということになります。
ですがこのフィラリア病はお薬を継続して飲み続けることで予防ができるそうです。
薬を飲む期間は年単位になるそうなので結構根気がいりますが、それでも予防できるのであれば、かわいいペットのためですので頑張って続けたいですね。
心配なご家庭はぜひ信用できる動物病院に相談されたほうがよいのではないかと思います。

関連コンテンツ

ペット保険の入会金   入会金や年会費の確認を!

ペット保険の種類は様々ですが、入会金や年会費があるようなので保険会社を複数調べる必要があります。 保険会社によって入会金や年会費は金額の差があります。 入会金は特に契約の初めに払うものですから、入・・・

ペットの健康診断 〜ペットの健康維持のために〜

ペットが病気になったら心配ですよね。皆さんは普段からどういうことに気をつけていますか? 食事はもちろんですが、運動や気温の変化などのさまざまな理由から、大切なペットを毎日身守り続けているのではないか・・・

ペット保険  ネコの保険内容

猫の保険内容 一昔前は犬を外で飼っているご家庭が 多かったように思います。 最近では室内で犬を飼う人が多く小型犬の 種類が増えました。 同時に猫を飼うご家庭も以前より増えてきています。 ・・・