基礎代謝を上げてダイエット!のTOPに戻る


睡眠と基礎代謝

ダイエットを成功させる為の効果的な手段は、
基礎代謝を高める事と言われています。
基礎代謝は筋肉の量が多い人ほどアップしますから
、ストレッチや適度な運動を行うのが効果的となりますが、
基礎代謝を高めるためには睡眠との関係もとても大切です。

私達の体は、睡眠中にたんぱく質を合成したり、
成長ホルモンを分泌させるので、
睡眠は体作りの為の大切な時間です。
良い睡眠をとる事ができれば、質の良い筋肉が作られて
自然と基礎代謝もアップするようになります。

しかし、最近は睡眠時間の短い睡眠不足の
人が増えています。
睡眠時間が短いと、こうした体づくりにも影響が出る他に、
他にも私達の身体に多くの悪影響を与えてしまいます。

睡眠不足の状態は、自律神経のバランスも悪くします。
自律神経のバランスが乱れてしまうと、
"セロトニン"という食欲を調整する脳内物質と
"レプチン"という食欲を抑制する働きを行う
ホルモンに影響が出てきます。

レプチンは、体脂肪が増えたことを脳に伝える働きが
ありますが、このレプチンの分泌が乱れると、
満腹感を感じなくなってしまいます。
つまり空腹ではないのに食べてしまう、
という恐ろしい現象を招くことになってしまうのです。

セロトニンはストレスを感じた時に反応する脳内物質の
"ノルアドレナリン"と、食欲や性欲などに
関係している脳内物質の"ドーパミン"を
コントロールする働きをしています。

セロトニンの原料は「トリプトファン」と
いう必須アミノ酸。
セロトニンは、脳のほう線核という場所で作られ、
脳全体の神経に配られています。ほう線核で
「ビタミンB6」と、「トリプトファン」が合成され、
初めてセロトニンになるのです。
「ビタミンB6」は、香辛料に多く含まれています。
これらの食材をうまく組み合わせることがポイント。

また、セロトニンが減ると食欲が亢進し、
異常なくらい甘いものが欲しくなります。

そこで毎日の生活習慣を見直すことが大切です。

昼間リズムを伴った運動はセロトニンの分泌を
促すと言われています。
運動と言っても散歩程度で十分なのです。
リズミカルに、できれば15分以上ウォーキングを
するとほう線核が刺激されセロトニンの分泌が
活発になります。
少しの運動でも毎日続ければ夜も熟睡できるでしょう。

睡眠不足の状態が続いてしまうと、
このセロトニンの分泌が抑えられてしまい、
ドーパミンが暴走するという状態になります。
これは、過剰な食欲が発生することに繋がるのです。

こんな状態にならないように基礎代謝を上げる為にも、
睡眠時間はちゃんと取りましょう。
睡眠時間が短いと基礎代謝とダイエットは
もちろんですが、集中力や美容、健康、
ダイエットにとあらゆる方面に悪影響を及ぼします。

心と体の健康の為、そしてダイエットを
成功させる為にもご自身の睡眠時間を
見直してみましょう。

関連コンテンツ

基礎代謝を上げる方法

毎日の生活の中で、きちんとバランスの良い食事を とったり、適度に身体を動かして脂肪を燃焼させたり、 無理のない範囲で筋トレをしたりして基礎代謝を アップさせることで、健康的にダイエットしましょう・・・

基礎代謝をアップする運動

基礎代謝をアップする運動 基礎代謝量を上げる方法〜肺活量 肺活量を増やして心肺機能が高まると、心臓や肺が 活発に働き、そこから血液や酸素をもらった体の各部が 活性化され、結果として基礎・・・

基礎代謝と筋肉

ダイエットの決め手は、基礎代謝 基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのが筋肉。 体の組織の約40%は筋肉でできていて、筋肉の量が 多ければ多いほど、基礎代謝量はアップし、 消費エネルギーは大・・・

基礎代謝を上げる食べ物

基礎代謝とは、体を横たえて全く運動をしていない時に、 呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな 生命活動のために常に使っているエネルギーです。 この基礎代謝が悪いと痩せにくく、また・・・