基礎代謝を上げてダイエット!のTOPに戻る


基礎代謝を上げる食べ物

基礎代謝とは、体を横たえて全く運動をしていない時に、
呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな
生命活動のために常に使っているエネルギーです。

この基礎代謝が悪いと痩せにくく、また年齢と共に
基礎代謝は低下していきます。

基礎代謝は総代謝の約70%を占め、
基礎代謝の中でも骨格筋(筋肉)の代謝が約39%と
最も多いため、代謝を向上させるためには筋肉を
増加または維持しながら太りにくい体作りをしていく
ことが重要となります。

そしてまた、食生活に気を配ることによって、
エネルギーの生産と消費がバランスよく保たれ、
質の良い筋肉を作ることが出来ます。

食事の際には良く噛むようにしましょう。
噛む回数が増えるほどエネルギー消費量は増加します。
これは、咀嚼運動が口中の感覚器を刺激することで
自律神経が活発になり、それがエネルギー代謝量に
影響する為です。
 ご飯や汁物よりも低エネルギーで、栄養素の摂取に必要な
野菜を先に食べるのも良いでしょう。

美味しいと感じるものを食べた時、人は自律神経を
活性化させますので美味しいものを食べましょう。
温かい食事を摂りましょう。
朝食をしっかり摂りましょう。
高タンパク質の食品を摂りましょう。
乳製品、緑黄色野菜などビタミン、ミネラルなど
豊富なので欠かせない食品です。

代謝を助けてくれる天然サプリ 「野菜」
野菜には未知のパワーが秘められているそうな・・・

代謝を促進して脂肪を燃やしてくれる 「キムチ」

唐辛子やニンニクなどの薬味を混ぜ合わせて
発酵させたものがキムチ
唐辛子に含まれる辛み成分カプサイシンは脳に運ばれて
内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を
活発にしてくれます。
その結果エネルギー代謝が盛んになりグリコーゲンなどの
分解が促されて発汗を促します。

エネルギー代謝を助ける 「落花生」

豆類は、ビタミンE、B、オイレン酸などを含み
意外と栄養豊富なんだそうな・・・
脂肪や炭水化物のエネルギー代謝に役立つ
補酵素パントテン酸を含んでいます。
不足すると、エネルギー生産が滞り脂肪が
溜まりやすくなります。
また、余分なコレステロールを回収する善玉コレステロールの
生成を促す働きもあるのだそうです。

むくみを解消してシェイプアップ 「みょうが」

塩分を多く摂るとナトリウムが多くなり、水分が
たまりやすくなりむくみが生じます。
ナトリウムを排泄する作用があるカリウムを多く含む
みょうがはむくみの救世主!
香味野菜のみょうがは、消化促進、
血行促進発汗作用があります。

肥満予防に効果的なのは 「大豆」

必須アミノ酸が動物性たんぱく質に近いバランスで
含まれているため、「畑の肉」とよばれていますね。
血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を
洗いながしたり、腸で吸収されたブドウ糖が脂肪に
変化することを抑制する作用がある大豆サポニンを含み
肥満予防の効果が期待できます。

新陳代謝を活発にする 「ねぎ類」

にんにくやねぎ類の特有の臭いの元であり
硫化アリルとも呼ばれるアリシンが協力な殺菌作用とともに
疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を助け、
糖質のエネルギー代謝を効率的にします。
発汗作用があり、身体を温めてくれるので
冷え性の改善にも期待できそうです。

関連コンテンツ

基礎代謝を上げる方法

毎日の生活の中で、きちんとバランスの良い食事を とったり、適度に身体を動かして脂肪を燃焼させたり、 無理のない範囲で筋トレをしたりして基礎代謝を アップさせることで、健康的にダイエットしましょう・・・

睡眠と基礎代謝

ダイエットを成功させる為の効果的な手段は、 基礎代謝を高める事と言われています。 基礎代謝は筋肉の量が多い人ほどアップしますから 、ストレッチや適度な運動を行うのが効果的となりますが、 基礎代・・・

基礎代謝をアップする運動

基礎代謝をアップする運動 基礎代謝量を上げる方法〜肺活量 肺活量を増やして心肺機能が高まると、心臓や肺が 活発に働き、そこから血液や酸素をもらった体の各部が 活性化され、結果として基礎・・・

基礎代謝と筋肉

ダイエットの決め手は、基礎代謝 基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのが筋肉。 体の組織の約40%は筋肉でできていて、筋肉の量が 多ければ多いほど、基礎代謝量はアップし、 消費エネルギーは大・・・