基礎代謝を上げてダイエット!のTOPに戻る


基礎代謝は代謝のうちの一つ

代謝っていったい何?

私たちは、毎日の食事で栄養素を摂り入れ、
それを体内で燃やし、活動するための
エネルギーにしています。
このように、栄養素をエネルギーに変え、
消費するシステムを”代謝”といいます。
体温を調節したり、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、
食べ物を消化・吸収したり、古い細胞を新しい細胞に
生まれ変わらせたりするのも、みんな代謝の
働きによるものです。
代謝は、私たちの生命活動そのものといえます。
代謝には、次の3種類があります。

【医学的な視点での代謝】
1食べた物をエネルギーに替える『エネルギー代謝』
2古い細胞が生まれ変わる『新陳代謝』
3平常的に行われる『基礎代謝

● 基礎代謝……生命維持に最低限必要な、心身ともに
安静な状態で消費されるエネルギー。
成人では男性 1600kcal、女性1200kcal前後。
● 生活活動代謝……日常の活動や運動で
消費されるエネルギー。
● 食事誘導性熱代謝(DIT)……食事をするという行動や、
消化・吸収することで消費されるエネルギー。

小さい子供は大人が寒いと感じるような日でも
半袖で外を走り回っていたりします。なぜでしょうか。
そのキーワードが「代謝」です。
現代人は運動不足などが原因となり代謝が落ちています。
血液の循環が悪くなり、リンパの流れも渋りがちです。
流れるべきものが流れないのでせっかく栄養をとっても
全身へと行き届かないのです。
その結果、肌のハリがおちたり、肩こり、
むくみなどの問題に直面するのです。

代謝の中心を占める基礎代謝は、 10代後半をピークに
徐々に低くなり、とくに30代からは目に見えて
下がっていきます。
さらに、基礎代謝は、筋肉量に比例するので、
一般的に、男性より女性のほうが低くなります。
また、体重の多い人よりも少ない人、活発な人より
のんびりした人のほうが低く、運動不足、
栄養バランスの悪い食事、ストレスなども代謝の悪い
、ため込みやすい体をつくる原因となります。
基礎代謝には、生まれつきの体質というのもありますが、
それよりも、このような生活習慣を変えることで、
だれでも今より代謝のよい体にすることができます。

代謝を悪くする原因
◆運動不足
◆バランスの悪い食事 
◆ストレス
◆加齢

代謝を上げて「やせ体質」になりましょう

健康的な代謝とは
食べものから得た栄養素を利用して、エネルギーを
つくり出し、細胞を新しくつくる新陳代謝をしています。
代謝がストップしてしまえばどんな生きものも
死んでしまうし、スムーズに行われなければ
病気にもなります。
代謝は、まさに健康なボディづくりの鍵といえます。
しかし、代謝は放っておけば老化とともに
どんどん低下していきます。

代謝には、力ロリーとなる炭水化物、脂質、
たんぱく質の三大栄養素と、副栄養素のビタミン、
ミネラルが使われるので、偏った食事をしていれば
代謝は悪化していきます。
それに加えて、体を動かさなければエネルギー代謝は低下し、
基礎代謝も年齢とともに低くなるため、
体はどんどん太っていきます。
低下した代謝を改善して高めることが、
ダイエットの重要なボイントです。

関連コンテンツ

基礎代謝って何?

「基礎代謝」とはなんでしょう? 基礎代謝は、人間に限らず生き物が生きていくための機能を 保つための最低限必要なエネルギーのことを指します。 体温や脈拍、呼吸などはこの基礎代謝に含まれていて、・・・