体質改善・エイジングケア 女性の心と体の悩み解消!のTOPに戻る


デリケートな女性の体をサポート 貧血

★貧血は女性に多い★

貧血はいまや女性の10人に1人といわれるほど
身近な病気です。
原因はさまざまですが、赤血球の数が減る事で
全身の細胞が酸素欠乏に陥るため、
全身にさまざまな症状を引き起こします。
貧血が急激に起こる事はなく、徐々に進行してきます。

あなたは次の様な症状に思い当たる症状はありますか?
◆疲れやすい ◆だるい ◆めまいがする 
◆動悸や息切れがする(体調)
◆肩こりがある 
◆頭が重い 
◆顔色が悪い(頭痛や肩こり)
◆食べ物が飲み込みづらい 
◆口の端が切れる 
◆舌の表面がツルツル
◆煎餅など硬いものを大量に食べたくなる 
◆酸味がしみる(食事)
◆爪がスプーン状になる 
◆爪が割れやすい 
◆枝毛・抜け毛が増える
◆肌がカサカサする(体)

なぜ若い女性に貧血が多いのでしょうか?

成人女性に貧血が多いのは、
次のような原因があげられます。
◆ 無理なダイエット
食事から摂る鉄の不足。
さらに、糖質や脂肪の摂取を極端に減らすことで、
タンパク質がエネルギー源として消費され、
貧血を助長する。
◆ 偏った食生活
朝食抜きや外食、インスタント食品、
加工食品に頼った食生活により、
栄養バランスが崩れて貧血の原因となる。
◆ 月経による出血
月経以外にも、子宮筋腫や子宮内膜症などが
原因で出血量が増えるケースもある。

貧血を予防するにはどうしたらよいのでしょう?
◆バランスの良い食事を3食規則正しく摂る

そのほかに注意したいのが次のポイントです。
◆ とくに良質のタンパク質と鉄分が
不足しないように気をつけましょう。
タンパク質不足は、赤血球を造る能力の低下を招くので、
もちろん鉄も毎食確実に摂取することです。
◆ 食事はよくかんでゆっくり食べましょう。
胃酸が分泌され、鉄などの消化・吸収が高まります。
◆ 多食・過食に注意しましょう。
胃腸に負担がかかると、消化・吸収が能力が低下します。
アルコールの飲み過ぎも注意が必要です。
◆ ストレスをためないようにしましょう。
胃腸はストレスの影響を受けやすい臓器です。
◆適度な運動をする
日頃から運動しているとヘモグロビンが増えます。
但し、過度の激しい運動は赤血球を破壊してしまい
逆効果です。
◆ 睡眠時間を十分に取り、規則正しい生活を行う
夜更かしや不規則な生活が続くと鉄分が
不足する傾向にあります。

貧血を予防・改善する栄養素は?
鉄の吸収を高めたり、貧血を予防・改善する栄養素は、
ビタミンC、B6、B12、葉酸などです。
これらを含む食品と、非ヘム鉄を多く含む食品を
一緒に摂るようにしましょう。

◆ ビタミンC
ブロッコリー、こまつな、れんこん、パセリ、芽きゃべつ、
キウイ、いちご、オレンジ、かきなど。
◆ ビタミンB6
玄米、だいず、ほうれんそう、バナナ、ピーナッツなど。
◆ ビタミンB12
レバー、ニシン、サバ、カキ、チーズ、卵など。
◆ 葉酸カキ、タラ、レバー、卵黄、さつまいも、
牛乳、ほうれんそうなど。

不摂生な食習慣を改めて、鉄分を多く含む食品を
積極的にとるように心がけて、
いつまでも、綺麗で元気、ハッピーでいきましょう。

関連コンテンツ

便秘と女性ホルモン

便秘と女性ホルモン 便秘で悩む人の約9割は女性と言われていることからも わかるように、便秘は女性の大敵ですね。 でも、なぜ便秘が女性に多いかというと、 それは女性ホルモンが影響しているから・・・

デリケートな女性の体をサポート カルシウム不足

あなたはカルシウム不足の症状には どのようなものがあるか、ご存知ですか? カルシウムは骨の主成分です。 それ以外にもカルシウムは体のいろいろな器官の 機能に関係する、非常に大切な栄養素の1・・・

女性特有の辛い症状 冷え性

【冷え性】 なたは冷え性に悩まされたことありませんか? ★冷え性とは?なぜ冷えるの? 手足が冷たい、腰が冷える、夏でも靴下がはなせない、 夜なかなか寝つかれない・・など、不快な冷感が ・・・

あなたは便秘で悩んでいませんか?

女性は特に 便秘になりやすいという統計がでているそうです。 あなたは便秘で悩んでいませんか? 便は胃腸で消化吸収されなかった食べ物のカスや 消化管の内側のはがれた細胞、腸の中に寄生している・・・

生理痛、生理不順にさよならしましょう

女性にしかわからないつらい「生理痛」 整理の前に起こる心身の不快な症状を 「月経前症候群」といい、女性ホルモンのひとつ 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が 関わっていると考えられています・・・