日本の地震

地震とは世界各国に起こるわけではなく、
断層運動により起こります。

発生のメカニズムは具体的には、3パターンあります。
まず第一は、プレートとプレートの境界線で
プレートの端が跳ね上がり、これにより地震が発生する場合。
次にプレート内部で発生する場合。
そして、内陸部での活断層で発生する場合があります。

内陸部での活断層の発生による場合について。
地表面に近いためマグニチュードが小さくても
大きな被害を受けることがあります。
十分に注意が必要です。

プレートは海面下にあります。
ですからプレート上にある陸地、
つまり国において発生する可能性があるのです。

日本は、環太平洋地震地帯で、海面下には
多くのプレートが分布しています。
よって日本では多くの地震、大きな地震が発生するのです。

地震のエネルギーの大きさはマグニチュードで示されます。
震度はある地点での地震動の大きさを示すものです。
ある地点なので震源地からの距離などにより異なります。
マグニチュードが大きいほど、震度も大きくなります。

日本は木造家屋や建築物が多く存在します。
ですから、地震発生時において、建物の倒壊や
火災発生など多くの危険を伴うのです。
地震の際には、倒れてきたタンスや食器棚などの
家具の下敷きになることもあります。
また割れたガラスや食器を踏んで怪我をすることもあります。
これらの危険を少しでも回避し、地震の際に安全に
避難ができるように防災対策をしましょう。

同時に、緊急用に普段から防災用品を備蓄管理しましょう。
緊急の際持ち出せる場所に保管しておきましょう。