悩み解消 楽しい育児 のTOPに戻る
「悩み解消 楽しい育児 」トップ >  しつけ > 育児  お片付けの習慣


育児  お片付けの習慣

「おもちゃがいつも散らかっていて、
お片付けしてくれなくて困る」と
悩んでいるお母さんも多いと思います。

成長するにつれ、必要な躾はしなければなりませんが
その中でも大変なのが片付けを覚えさせることです。
子供の玩具などが散らかっていたりすると
つい苛々したまま子供に注意して「片付け=嫌のこと」と
言うイメージを植え付けてしまいがちです。

しかし、怒ってばかりで、強制的に
片付けさせようとしても、子どもは、面倒臭がったり、
嫌がったりするでしょう。

子どもは、楽しいことやうれしいことはやりたい、
面白くないことはやりたくない、と素直に思います。
そのような性質をうまく利用して、お片付けを
楽しみながらできるように、
少し工夫してみてはどうでしょう。
幼児期の子どもは、どんどん好奇心と自立心が
育ってくる時期です。
そのため、「これできるかなぁ」とお手伝いを頼んだり、
「どっちが早く片付けられるかな」と片付けを
遊びとしたりして、お母さんと一緒にすると、
案外スムーズにできるものです。

ポイントとしては、もっと遊びたがるときは、
無理に止めさせず、「一緒に片付ける?」とか
「もうちょっとだけ遊んだら、お片づけする?」
などと言う風に促して楽しそうに、
重要なのは納得感を持たせることです。

面倒臭そうにしていては、子どもも
楽しめるはずがないので、
遊びに誘う感覚で言ってみましょう。

また、おもちゃや絵本など、
それぞれ片付ける場所を、分けておくことも重要です。
そして、ご飯を食べる前や出かける前、
お風呂に入る前など、しっかりと片付けをしてから、
行動に移る習慣を付ける良いでしょう。
最初のうちは、言われないとできないかもしれませんが、
毎日毎日、楽しみながら繰り返すうちに、
「遊んだらお片付け」ということが
習慣化されていくはずです。

関連コンテンツ

育児 手を出す子どもの悩み

1歳半〜2歳前後の子どもは、お友達を引っかいたり、 噛みついたりして、相手を傷つけてしまうことが 良くあります。このような行動は、 やった側もやられた側、そして親にとっても 辛い問題となります・・・

育児  食事のマナー

幼児期の子どもに教える大切な教育の1つに、 食べ物を味わって食べることや楽しく食事をすることがあります。 毎日の生活の中で食事を楽しみながら、 少しずつマナーも教えていきましょう。 幼い頃・・・

育児  子どもの叱り方

子どもが言うことを聞いてくれないと、 なんとかわかってもらおうと、叱ってしまうと思います。 それでも、改善されない場合は、もしかしたら、 良くない叱り方で叱っているかもしれません。 一度、あな・・・