悩み解消 楽しい育児 のTOPに戻る
「悩み解消 楽しい育児 」トップ >  しつけ > 育児  食事のマナー


育児  食事のマナー

幼児期の子どもに教える大切な教育の1つに、
食べ物を味わって食べることや楽しく食事をすることがあります。

毎日の生活の中で食事を楽しみながら、
少しずつマナーも教えていきましょう。
幼い頃に身につけた習慣は、そのまま変わることなく、
ずっとその人に付いて回るものです。
大人になって社会に出た時に恥ずかしい思いを
させることのないように、子どもの頃から、
ちゃんとした食事マナーを身につけることが望ましいのです。
それでは、小さな子どもさんでもできる、
食事のマナーを紹介しますので、
家庭で参考にしてみてください。

◆テーブルについたら、元気よく「いただきます」を
言ってから食べ始め、食べ終わったら
「ごちそうさまでした」を言う習慣をつけましょう。

◆良い姿勢で食べるように心がけましょう。
背中を丸めて猫背の姿勢で食べるのは、
お行儀が良くありません。
また、悪い姿勢で食べると、消化にも悪い影響を与えます。
背筋をピンと伸ばして、まっすぐと座って
食べる習慣をつけましょう。
◆箸を右手で持って食べる場合は、左手は
食器や茶碗に軽く添えるようにしましょう。
ひじをついて食べるのも、お行儀が悪いので、
注意しましょう。

◆家族と楽しく会話しながら食べるのは
悪いことではないですが、大声を出して騒いだり、
口に食べ物がたくさん入っているのにしゃべったり、
食べている最中に立ち上がって遊び出したりするのは、
お行儀がとても悪いです。
外食した際に、このような悪いマナーをすると、
とても目立ちますし、周りにも迷惑をかけてしまいます。
家庭で普段の食事から、そのような行動は
良くないことを教えておきましょう

関連コンテンツ

育児 手を出す子どもの悩み

1歳半〜2歳前後の子どもは、お友達を引っかいたり、 噛みついたりして、相手を傷つけてしまうことが 良くあります。このような行動は、 やった側もやられた側、そして親にとっても 辛い問題となります・・・

育児  お片付けの習慣

「おもちゃがいつも散らかっていて、 お片付けしてくれなくて困る」と 悩んでいるお母さんも多いと思います。 成長するにつれ、必要な躾はしなければなりませんが その中でも大変なのが片付けを覚え・・・

育児  子どもの叱り方

子どもが言うことを聞いてくれないと、 なんとかわかってもらおうと、叱ってしまうと思います。 それでも、改善されない場合は、もしかしたら、 良くない叱り方で叱っているかもしれません。 一度、あな・・・