誕生日 花  〜フラワーギフト〜のTOPに戻る
「誕生日 花  〜フラワーギフト〜」トップ >  お見舞い 花 > フラワーギフト  お見舞いにタブーの花


フラワーギフト  お見舞いにタブーの花

お見舞い用にフラワーギフトを贈ることがありますが、どんなお花を贈ったらいいのでしょうか。
お見舞いには適さないお花があるので、相手の気持ちを傷つけないためにも、フラワーギフトを選ぶ時には注意が必要です。
それではお見舞いにはタブーの花の紹介です。

◆鉢植えを贈らないこと
基本的に、鉢植えはどのようなものでもいけません。
鉢植えにお花が植えてある状態ですので、当然土の中には根っこが付いていますよね。
それが、「根付く=寝付く」の発想につながり、昔からお見舞いには避けられています。
◆キクは贈らないこと
キクは、お悔やみ用のお花として一般的に用いられています。
花束やフラワーアレンジメントにも使われる可愛らしい種類もありますが、基本的にはお見舞い用には避けたいお花です。
◆白や青、紫系のお花は避けること
これらの色は、どちらかというとお悔やみのイメージです。
病院のお見舞いには、見た目にも冷たく冷めた感じでいい色合いではありませんので避けるようにします。
◆赤いお花は避けること
真っ赤なお花はとても華やかですが、血を連想させるそうです。
お見舞いには、淡い色か元気になるオレンジやイエロー系の色が向いているでしょう。
◆香りの強いお花は避けること
病室は公共の場ですので、ユリなどの香りの強いお花は避けるようにします。
他の方の迷惑になるようなお花は選ばないようにしましょう。
◆椿は贈らないこと
椿はとても華やかですし、お見舞いにはいいのでは?と思うかもしれません。
椿は、咲いた後に花が首からぽろっと落ちてしまいます。
その事から不吉なイメージがあり、お見舞いには避けなければいけません。
◆シクラメンは贈らないこと
シクラメンは、「死」や「苦」などの不吉な言葉を連想させると言われています。
少々こじつけのような気がしますが、お見舞いには使われていません。
◆アジサイは贈らないこと
アジサイは華やかですが、花が終わると色があせていってしまいます。
やはりそこが不吉なイメージなので、お見舞いには使われません。

せっかくのお見舞いですから、贈った相手が気を悪くするようなお花は避けるようにしましょう。

関連コンテンツ

フラワーギフト  お見舞いに持っていく花

誕生日や記念日などのお祝いにはフラワーギフトを贈りますが、お花を贈るのはおめでたい時ばかりではありません。 お見舞いに行く場合、お見舞い用のフラワーギフトについてご紹介したいと思います。 入院・・・