誕生日 花  〜フラワーギフト〜のTOPに戻る
「誕生日 花  〜フラワーギフト〜」トップ >  お見舞い 花 > フラワーギフト  お見舞いに持っていく花


フラワーギフト  お見舞いに持っていく花

誕生日や記念日などのお祝いにはフラワーギフトを贈りますが、お花を贈るのはおめでたい時ばかりではありません。
お見舞いに行く場合、お見舞い用のフラワーギフトについてご紹介したいと思います。

入院した方のお見舞いに行く場合、まず何を持っていこうと考えますか?
一番に思い浮かべるのはお見舞い金ですが、次にはやっぱりフラワーギフトではないかと思います。
お花は人の心を和ませ癒し、そして元気にしてくれます。

お見舞いに持っていくフラワーギフトにはいくつかのポイントがありますので、気をつけて選びましょう。

◆鉢植えなどの根がついているものは避けます。
根付く=寝付くにつながる事から、お見舞いではタブーとされています。
◆白や青、紫などのお花は冷たい印象を与えますので、あまり縁起のよくない色は避けます。
気持ちが元気になるように、オレンジや黄色などの明るくて元気な色を選ぶと良いでしょう。
◆フラワーアレンジメントはそのまま飾れるし、手間もかからずお薦めです。
せっかく花束を持っていっても、病室に花瓶がない場合もありますので。

最近では、お見舞いには花束よりフラワーアレンジメントの方が人気のようです。
病院によっては花粉が飛ぶのを嫌がられる所もあるそうなので、プリザーブドフラワーも人気が高いようです。

お見舞いにフラワーギフトを持っていくタイミングは、入院してすぐよりも、病状が落ち着いてきた頃の方がいいでしょう。
前もって、病室の様子などもわかっていると選ぶフラワーギフトの参考になると思います。
また、入院中はあまり人に会いたくないという方もいらっしゃるかもしれません。
そんな場合は、快気祝いにフラワーギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

フラワーギフト  お見舞いにタブーの花

お見舞い用にフラワーギフトを贈ることがありますが、どんなお花を贈ったらいいのでしょうか。 お見舞いには適さないお花があるので、相手の気持ちを傷つけないためにも、フラワーギフトを選ぶ時には注意が必要で・・・